社会人の勉強は効率性をどのように向上させるかが鍵

働きながら資格勉強をする社会人はしごとはもちろんのこと、その他多くの自己管理を行わなければいけません。
そして、それは運動も含まれています。
若い頃のように自然と痩せていくわけではないので、どこかで運動をする時間を取らなければいけません。
それと勉強を両立するのは至難の業だと言えるでしょう。

そのような人たちにオススメなのが「シンクロマッスル学習」です。
これは身体を動かすことによって脳に酸素が供給され、暗記効果がアップするというものです。
こちらはアメリカアトランタ州のジョージア工科大学の実験により証明され、20分筋トレすることによって10%も記憶力が向上したというデータがあります。
こちらはエクササイズと勉強を両立することによって時間効率を大幅に上げることが可能になっているのです。

最近肥満気味だったのが悩みの金澤幸雄もこのシンクロマッスル学習を取り入れてみました。
帰宅時の電車を一駅前で下車し、そこから暗記したい資格勉強の録音を流しながらジョギングするという方法を取ったところ、見違えるほど成績が良くなったのです。
これはシンクロマッスル学習が効率的というのももちろんですが、日頃怠けてしまいがちな資格勉強を定期的に行う時間を作ることによって帰宅後も勉強しやすい流れが出来たからだと言えるでしょう。